わきがは治療で治るの?現在のわきが治療法について

wakiga_029

わきがで悩む人の、臭いに対する「気がかり」はそうでない人が想像するよりずっとずっと深いものです。

それはたとえ軽度のものであっても、変わりはありません。

わきがの人は、できたら治療をしてそのコンプレックスや気がかりから解放されたいと常々思っているものですが、そもそもわきが治療というのはどのようなものなのでしょうか?

電車内に貼ってある広告のように、切開法でしかわきがを治すことはできないのでしょうか。

ここではわきがとその治療法についてご紹介していきます。

わきがを治療する際に保険は適用される?

さて、わきがで悩む人が治療を考える時、「実際に治療を受けること」へ進むのを阻むネックとなるのが「保険の不適用」です。

つまり、「わきがの治療には保険が適用されない」と端から思い込んでいて、「高額な治療代を払えないから無理…」と諦めてしまうのです。

しかしわきがの治療については、保険が適用されない場合ももちろんあるのですが、一方できちんと保険が適用されて治療できることも稀ではないのです。

では、わきがの治療に保険が適用されるというのはどんな場合なのでしょうか。

わきが治療で保険適用される基準とは

重度のわきが治療において一般的とされる「アポクリン腺の除去」のための手術は、自由診療では20~30万円かかることが多いと言われています。

しかし、この手術も、保険適用がされれば両ワキで5万円程度の費用になります。この負担の違いは大きいですよね。

このわきがの治療に関する保険の「適用・不適用」はどこで決まるかと言うと、最終的には「患者のわきがの症状が保険適応の症状であると医師が認めること」となります。

つまり、診察をした医師が「これは保険を適用させて治療するに値するわきがレベルだな」と判断すれば保険が適用されるのです。

え?結局医者の主観なの?と驚かれるかもしれませんが、極端に言うとそういうことなのです。
患者の腋下のアポクリン腺が○本以上だから保険適用、そうでないから不適用という客観的なものは、現在のところありません。

ただ、自分が治療を受けたい病院がそもそも「保険診療可」であることは何より最初にチェックしておくべき項目です。
美容系のクリニックで行っているわきが治療は、採算性を重視している施設も少なくないため、保険適用治療を積極的に行わない病院も多くあります。

一方で、わきがやわきの多汗症の悩みを持つ人の多さから、集患(集客の「患者」バージョン)の方法の一環としてわきがなどの治療も保険診療をする美容外科が増えていることも事実です。

また、保険適用と言えば、通常の総合病院などですが、総合病院でも形成外科や皮膚科でわきがを保険適応症として治療する病院も増えてきています。
診療が保険適用されると、手術をした方が良いわきがになると、その手術も大体は保険が適用されることになるので、自由診療よりずっと安く手術を受けることができます。

医師が行う具体的な判断方法とは

わきがの治療に保険が適用される大きな判断基準になるものは「医師の主観」によるところが大きいとお伝えしましたが、それでも多少は客観的な要素もあります。

それは、患者のにおいがわきがかどうか判断するための「方法」です。

わきが治療を謳う多くのクリニックでは、わきがを訴えてやってきた患者のわきに、数分間ガーゼをはさみ、そのガーゼの臭いを医師が嗅いで判断する方法です。

ここで、本当に医師1人で判断する施設もあれば、スタッフなどにも臭いを嗅がせて「一般的にはどうか」を判断する施設もあります。

また、患者の家族などにも同伴してもらい、判断を一緒に行う施設もあります。
これは、あなたの臭いは本当にわきがではないですよ、という時に、医師の判断だけだと、患者が「そんなはずはない」と信じず、結果的に自己臭恐怖症になることがあるからです。

わきが治療のいろいろな方法

一口にわきがと言っても、そこにはやはり軽度~重度のものがあって、外用薬や食事の改善で臭いが軽減し、日常生活に特に支障がなくなる場合と、手術でアポクリン腺を除去しなければ、わきがでない人と同じくらいのレベルにならない場合など様々です。

1つ1つの治療法の詳細については、別のページでご紹介をしているので、ここではわきが治療の概要についてお伝えしていきます。

わきが治療の色々

一般的に行われているわきがの手術には以下のものがあります。

  • 剪除法…腋下を切開し、裏返したあと、目視の下、アポクリン腺を1つずつ取り除く方法です。
  • 皮下組織吸引法…腋下に小さな穴を開け、そこから細い管を通して、アポクリン腺及びエクリン腺、皮脂腺をかきだしつつ吸い取る方法です。
  • 超音波吸引法…皮下組織吸引法をベースに、通した細い管の先で超音波を発生させます。その熱でアポクリン腺を破壊し、吸引する方法です。
  • 皮下組織削除法…皮膚を押さえるローラーちカミソリの刃が組み合わされた専用器具を使用し、アポクリン腺・エクリン腺を取り除く方法です。

この4つは主流のわきが手術ですが、保険適用がされるほとんどがと剪除法となっています。

この他によく行われるわきがの治療法としては以下があります。

  • ボトックス治療法…腋下にボツリヌス菌の毒を注射し、発汗の際の伝達物質を抑制する効果のある方法です。
  • ミラドライ法…現在最も最新と言われるわきがの治療法です。マイクロウェーブを使用し、皮膚の表面からアポクリン腺などの汗腺にアプローチをする方法です。

ここまでの治療法は中度~重度のわきが治療に用いられることが多い方法です。
ここからは外用薬・内用薬を用いる比較的軽度なわきがの治療法についてご紹介します。

外用薬

塩化アルミニウム液…基本的に制汗剤になりますが、臭いを抑える効果もある外用薬です。

内服薬

臭化プロバンテリン(プロバンサイン)…保険適用もできる抗コリン剤にあたる内服薬です。体内の水分循環に対して副作用があるため、継続的な服用は控えた方が良いお薬です。

自分で試せる方法も

ここまでにご紹介した病院での治療法の他にも、わきが専用の制汗剤で抑えられる程度の場合は、そうしたものを利用するのも1つの手ですし、他にもミョウバンを使った臭い対策や、食事を気を付けて臭いを抑える方法など、わきが治療には自分で試せる方法もいくつか存在しています。

自分でわきが対策をする際に気を付けたいのは、例えば制汗剤の使用であれば、「制汗剤の香り」でわきが臭をごまかす方法を避けるとか、ミョウバンも肌質に合う・合わないがあるので、肌に合わない場合はすぐに使用をやめるといったことがあります。

食事であれば、動物性たんぱく質と脂質の多量摂取は控えた方が良いですが、だからと言ってあまりにも摂取を控えると栄養バランスが崩れて、そもそもの体調を悪くします。

ただ、せっかく食事からわきが臭対策をしようとしているのであれば、同じ動物性たんぱく質を摂取するのにも、ファストフードのお肉やコンビニ弁当のお肉を食べるのではなく、分解されやすい良質な脂質を含む肉にする、食用油も、使いまわした古い油を使うのではなく、ちょっと高くでもシソ油を使うなどすると効果的です。

この「紫蘇(シソ)」については、積極的に摂取することで、体内の臭い成分を分解してくれるようになるので、食事で臭い対策をしたい場合におすすめです。

自分自身でわきが対策をする時には、体調管理を心がけ、規則正しい生活を送るようにし、何より「極端にやりすぎない」ということを大切にしましょう。

ページの先頭へ