【この記事は約 7 4 秒で読めます。】

一般的な話として、人間は年齢を重ねていくと「加齢臭」と呼ばれる臭いがするようになると言われていますよね。

これまで体臭を気にすることのなかった人でも、加齢臭を感じ始めるとそれをストレスに思うようになる人も多くいます。

このようにそもそも人間は年齢などによって体臭が強くなったり、食生活の変化で体臭が強くなったりなど、生涯にわたってほぼ無臭でいるような人はいません。

wakiga_002

しかし、こうした「体臭」とは違い、主にわきからの臭いである「わきが」で悩む人は年齢を重ねたからにおいが強くなる…というわけではありません。
(確かに年齢を経るとわきがも臭いが強くなるという傾向はありますが)

ではわきがと体臭、また加齢臭と言うのは一体何が違うのでしょうか?

体臭もわきが臭も原因は「汗」である!

まず、一般的にいう「体臭」と「わきが」は、実を言うと「汗が原因である」という部分では共通しています。
ただ、体臭が「エクリン腺由来」の汗が原因になるのに対し、わきがは「アポクリン腺由来」の汗が原因となっているという部分が異なるのです。

体臭の原因となる「エクリン腺」からの汗

エクリン腺と言う身体の至る部分にあるエクリン腺という汗腺は、主に体温調節に使われるものです。
気温が高い時、運動をして体温が上がった時などに発せられる汗は、ほぼこのエクリン腺由来の汗となっています。

そしてこのエクリン腺から分泌される汗と言うのは、99%以上が水分で、残りは塩分などのミネラル分と乳酸などと言う成分構成で成り立っています。

さらに私たち日本人のほとんどの人はモンゴロイドという人種に属するわけですが、この人種はそもそも体臭が強くない人種という特徴があります。

それに加えて、日本人は他の国々の人に比較して食生活での野菜の割合が多い(肉などの脂質の割合が少ない)状況で生きていた時代が長いので、体臭についてはあまり気にすることなく過ごしてきました。

このような食生活などもあいまって、私たち日本人の汗はほぼ臭いがない汗となっているのです。

ですから、エクリン腺由来の汗で臭ったとしても、日本人の体臭はあまり強くは感じることはなく、単に「汗臭い」くらいになります。

ただ、これが肉食が基本の人種に属する人たちになると、エクリン腺由来の汗でも、一緒に排出される古い皮脂に肉食の人たち独特の「脂肪分の臭い」が混ざるので、日本人の汗より臭いが強くなり、はっきり体臭とわかるものになります。

しかし、このエクリン腺由来の汗による体臭は「洗えば薄くなる(=通常の汗なので)」ということがあるので、常時強い臭いがするというわけではありません。

このことから、日本人(モンゴロイドで肉が主食ではない人たち)は汗さえ流せば体臭をほとんど感じなくなるのです。

ちなみにエクリン腺からの汗には3つの種類があり、精神的発汗(緊張などで出る汗、手汗などもそうですね)・味覚的発汗(辛い物などを食べてでる汗)・温熱的発汗(体温調節のための汗)があり、多汗症の人であってもそこで分泌される汗のほとんどはエクリン腺からの汗になります。

体臭に関しては主に「汗の臭い」「頭の臭い」「足の臭い」などがあり、頭や足の臭いについても、汗と雑菌が関わって臭いを発する点については、通常の汗臭いにおいの原因とほぼ変わりありません。

他に、便秘の人に関しては、便秘になり過ぎて体臭が便に似た香りになることもあるようです。
ただしこうした臭いは原因の除去を個人でもできるものが多いので、一時的な悩みになっても、長期化する悩みにはならないことが多いと言われています。

わきがの原因となる「アポクリン腺」からの汗

さて、上記のエクリン腺からの汗が、成分の99%を水分とする一方で、腋下や乳輪、性器の周辺などの多く分布するアポクリン腺からの汗には、そもそも臭いを出しやすくするような成分が含まれています。

というのも、本来は哺乳類動物については、エクリン腺よりもアポクリン腺の方が重要だからなのです。

アポクリン腺からの汗が皮脂と混ざると独特の臭いを生じるのですが、哺乳類動物にとっては、この臭いは個体識別や繁殖行動、テリトリーの識別に必要なものになるからです。

アポクリン腺から分泌される汗の成分には脂質やたんぱく質が多く含まれており、これを皮膚の常在菌などの雑菌が分解することでわきが独特の臭いが発生することになります。

通常の体臭とわきがは「加齢臭」とどう違う?加齢臭とわきがは関係がある?

ここまでは通常の体臭とわきがについてご紹介しましたが、人間が身体から発する臭いで、多くの人を悩ませてしまうものには「加齢臭」というものもありますよね。

この加齢臭と言うのは、汗由来の臭いではなく、「ノネナール」という「皮脂腺」から分泌される物質が原因となります。

ノネナールと言う物質は、簡単に言うと、体内で作られる「過酸化脂質」と「パルミトオレイン酸」が反応することで発生する物質です。
過酸化脂質は、皮脂腺内の脂質が活性酸素によって酸化したもの、パルミトオレイン酸は年を経て、中高年になってから分泌されるものなので、加齢臭は若い頃にはないものなのですね。

しかし、実は加齢臭に関わる「皮脂腺」というものは、アポクリン腺などが存在する毛穴と繋がっているものであるので、わきがの人が加齢臭を発するようになると、わきがでない人の加齢臭よりもかなり臭いが強くなることは否定できません。

体臭は食生活など外部要因も大きく、わきがは生まれつきである

先の項でお伝えしたように体臭の原因となるのは、体中に存在しているエクリン腺から分泌される汗が由来なので、「生まれつき」という要素は少なくなります。

生きていく中でどんなものを食べているかとか、生活リズムは崩れていないかとか、そうした外部要因が汗の成分割合を変えて体臭を強くするとか弱くするということに関わってきます。

そうした理由で、体臭が弱いといわれるモンゴロイドであっても、日本などで肉を主食にしない人と、欧米で肉を主食にする人では体臭の強さは変わってきます。

一方でわきがに関連するアポクリン腺というのは、腋下や性器の周り、乳輪など身体の一部に存在するもので、アポクリン腺の数などは生まれつきの個性によります。

日本では保険適用されるくらいのわきがの人というのは日本人全体の10%程度と言われているので、わきがの人はどうしてもマイノリティな立場になります。

そして、わきがの臭いが気になってくるのは、第二次性徴頃からと言われているので、ちょうど精神的にも色々なことをコンプレックスに思ったりし始める頃です。
もしわきがかもしれないと悩むことがあれば、一先ず病院などで診察を受けた方が良いでしょう。

適切な治療を受けることができれば、一般の人と同程度に臭いを軽減させることはできますからね。

わきがの臭いはどんな臭い?

わきが以外の体臭に関しては根底に「汗臭さ」があるのですが、わきがについては全く別物の臭いと言われることが多いです。

インターネット上など「文章」として表現されるわきがの臭いには

  • ゴボウの臭い
  • ネギの臭い
  • 酢の臭い
  • クミン(香辛料)の臭い
  • 古い納豆の臭い
  • 腐った鉄の臭い

などと言われることが多いようです。

わきがの臭いは強いと確かに周囲の人に好感を与える臭いであるとは言い難いのですが、実は世界三大美女と言われる「楊貴妃」はわきがだったという研究もあります。

これは、昔の人にとっては、個人を識別でき、さらにフェロモン的な意味合いのあるアポクリン腺由来のにおいが「悪いものではなかった」ということなのでしょうね。

わきがではなくても、アポクリン腺由来の汗の香りが平均より強い人というのは、動物に好かれやすいという特徴もあるそうです。

とは言っても、現代ではやはりわきがというのは嫌われてしまうものです。

手っ取り早く臭いを消して、1日しっかりと臭いの発生を抑えてくれるデオドラント商品があるので、ぜひ一度手にとって試してみてくださいね。

The following two tabs change content below.

みどり

このサイトの管理人もわきがもちでずっと悩んでいました。誰にも相談できないツラい悩みだからこそ、自分で解決するしか残された道はありませんでした。でもわきがが彼氏にフラれるほど重症だった私でも、今ではわきがの臭いがスッキリ消え去って、逆に他人のわきがが分かるくらいまでに回復。どうやってわきがを克服したかを同じわきがで悩んでいる人のためにしっかりと伝えていきたいと思っています。