【この記事は約 6 37 秒で読めます。】

わきがが原因でモテない

わきがはかなりデリケートな問題なので、親や兄弟姉妹が指摘をしてくれなければ、本人はなかなか気づかずに成長することも多いものです。

さらに、わきがというのは第二次性徴期にニオイが強くなることが多いので、一番自分の身体の変化を気にする時期と言うこともあり、家族も気がついても言い出しにくい状況があります。

反抗期が重なって言うタイミングを失うというのもありますしね。

しかし、そうした時期に指摘をしてもらえなく、そのまま「深い人間関係を築く時期」になった場合、自分と距離を置きたがる他人の存在で初めて「自分はわきがでは?」と知ることになります。

こうなると自分のことが恥ずかしくなり、人間関係を築くのに消極的になったりして、わきがの「ニオイ」のせいだけでない部分でも異性にモテにくくなってしまいます。

今回はこの「ワキガとモテ」の関係についてご紹介します。

わきがのせいでモテない!はホント?

わきがであればモテないのか、という疑問について、結論から述べると「蓼食う虫も好き好き」ということで、それだけが原因で「全くモテない」なんてことはありません。

ニオイと言うのは日本社会では忌避されがちなポイントではありますが、海外に行くと70~100%の確率で「ほとんどの人」がわきがなのです。

それでも海外の人はわきがのニオイを「フェロモン」と認識していて、そのことが敢えてモテない理由にならないのです。

もし海外の人が「わきがをモテないポイント」にしていると、ほとんどの人間がパートナーを得ることができなくなります。

ただ日本ではわきがのニオイ(というかアポクリン腺から発せられる体臭)は人種的に発せられることが少ないので、つい「異質なニオイ」に分類されてしまうのですね。

けれど、よ~く観察していると、わきがだからモテないということは日本でもあまりないのです。

あまりにも重度でない限り、きちんと普段のケアをしていればわきがのニオイは日本でも「個人的なフェロモンのニオイ」と受け取る人は一定数います。

特に体格的に筋肉質な「男性性」を前面に出す男性の場合、そうした男性を好む女性の中には多少の体臭は魅力になるという人が多いのです。

逆に、女性的な魅力を前面に出す、一般的な言うところの「お色気」路線の女性を好む男性にも、多少強い体臭は魅力だと言って受け入れる人が多くいます。

つまり、わきがのせいでモテないというのは一概には言えないということなのです。

全てをわきがのせいにしていませんか?

わきが体質であるというのは、そのまま「体質」であるのがほとんどなわけですが、だからと言って清潔さを失ったり、生活習慣を乱して体調を構わなかったり、食事に気を遣わなかったりすると、わきがのニオイはどんどん強くなってしまいます。

食事や生活習慣、清潔さに気を付けていて、その上で発せられるわきがや体臭のニオイは、異性にとって魅力になることもありますが、何の努力もせずに強くなったりするわきがのニオイは異性も周囲の人にも不快でしかありません。

自分がわきがであるとわかると、「どうせこんな自分はモテることはない」と言って、自分をキレイに保つとか、自分を健康に保つという努力を放棄してしまう人もいます。

こうなると、わきがのせいでモテないのではなくて、わきがのせいにして自分自身を向上させることをしないためにモテていないのです。

先ほどもお伝えしていますが、諸外国に行けばほとんど人がわきがなのです。

こうなると「自分はわきがだからモテない」という「責任の押し付け」はできません。

もし今あなたが「自分はわきがのせいでモテていない」と思っているのであれば、それは本当はわきがのせいではなく、わきがのせいにして自分自身と向き合うことを避けているためにモテていないのです。

確かに、わきがであることがわかれば、そのことで嫌われるのがツラいので、端から他人と深い人間界を築くことを諦めたり、人の輪に飛び込んでいくことをしなくなる、その気持ちは痛いほどわかります。

けれども、同じ悩むのであれば、いっそのことカミングアウトをして色々な人から情報を得た方が前向きに体質を改善できます。

今の時代、どこでどう改善の1歩が始まるかわからないのです。

あなたが勇気を出してわきがであることをカミングアウトした相手の友人に、わきがの改善策に詳しい人がいるかもしれません。

知り合いにわきがの治療に詳しい医師を持つ人がいるかもしれません。

実はカミングアウトした友人自身も、わきがに悩んでいるかもしれません。

わきがの改善にしろ、人間関係を築くきっかけにしろ今はどこに繋がりが生じるかわからないのです。

あなたがわきがについて思い悩んで、一人で抱え込んでいる間に、勇気を出したどこかの誰かはわきが改善の1歩を歩みだしているかもしれないのです。

理解してくれる人はいます!対策を怠らない努力をしよう!

当サイトのようなわきが対策のお悩みサイトなどを見るとわかるのですが、わきがに悩みを相談している人は「本人」でなければ「夫婦のどちらか」や「恋人関係のいずれか」であることが多いのです。

例えば妻が夫のわきがについて相談をしていて、何か良い改善策はありませんか?とか彼氏が彼女のわきがについて相談をしている……などです。

ということは、わきがであってもモテないとか、パートナーを得ることができないわけではないということがよくわかります。

でもここで重要なのは、わきがである本人はわきがについてそれなりに対策をして努力をしているということなのです。

具体例では、夫のわきがに悩むAさんは

「夫は付き合っている頃からわきがでした。食事改善や生活習慣の改善である程度わきがは軽減しましたが、その他にわきがのニオイを抑える方法はありますか?」

と言った具合です。

このAさんの夫の場合は、すでに食事改善や生活習慣の改善など、出来る努力をしていますよね。

わきが対策を人任せにして自分で何も努力していないわけではないということです。

こうした前向きな姿勢を持っていることが伝われば、パートナーも一緒になって悩みを解決してくれようとするわけです。

わきがだからと言って、自暴自棄になって日頃何も対策をせずにいたりすると、良い運にも良い縁にも恵まれません。

それがわきがでなく、何か自分のコンプレックスになることであっても、改善しようと努力をし続けることが道を拓いていくのです。

ここでご紹介している「わきが」であるなら、Aさんの夫がしていたように、食事を改善して体臭を強くする食事をなるべく避けるとか、不摂生を改善してアポクリン腺からの発汗を抑制するようにするとかですね。

他にも、普段からわきが専用のデオドラントなどを使うのも前向きなわきが対策ですよね。

自分でできる努力を怠らないという姿勢を周囲が知れば、わきがだけが原因で「モテない」なんてことにはならないのです。

人間はどんな人でも、その人なりのコンプレックスを持っていて、そのコンプレックスを克服すべく日々努力をしています。

モテるかモテないかというのは結局のところ、コンプレックスにきちんと向き合って、改善する努力をしているかどうかによるのです。

あなたが自分自身のわきがとしっかり向き合い、日々対策を怠らなければ、その真摯な人間性に惹かれる人は必ずいるのです。

当サイトに掲載しているわきがケア商品はどれも非常に効果の高いものばかりなので、大切な人に自分のわきがのことで心配をかけないためにも一度チェックしてみてくださいね。

The following two tabs change content below.

みどり

このサイトの管理人もわきがもちでずっと悩んでいました。誰にも相談できないツラい悩みだからこそ、自分で解決するしか残された道はありませんでした。でもわきがが彼氏にフラれるほど重症だった私でも、今ではわきがの臭いがスッキリ消え去って、逆に他人のわきがが分かるくらいまでに回復。どうやってわきがを克服したかを同じわきがで悩んでいる人のためにしっかりと伝えていきたいと思っています。